「 白イ烏」の小紋の反物に

よく使われているのが

「縫〆」と名付けた白生地です。

 

なぜ「縫〆」と名付けたのかというと、

「縫〆」とは、

絞り染めの技法のひとつですが、

縫った糸を引き締め、縮めて染めます。

その糸を抜いた跡の小さな穴と

絞りのシボ感が

この地紋にそっくりだから…。 

 

この白生地に型を置き

一枚一枚手作業で染め上げます。

  

白生地、型のデザイン、色出しにこだわり、

単色でシンプルに仕上げられた小紋。

シワになりにくく、

とても着やすい、

どんな帯も合わせやすい

「白イ烏」おすすめの縫〆小紋です。