台風が過ぎると

ようやく秋の気配がしてきました。

ショップのお花も秋らしく「つると実」です。

写真のお花はヒヨドリジョウゴ。

熟した果実にヒヨドリが群がって食べる様子が

お酒に酔った人たちが騒ぐ様子に似ているというのが

名前の由来とか。

面白いですね。

と,いうことで,

秋らしいモチーフの着物と帯の絵柄をご紹介。

 

こちらは「葛」と,「葛」をモチーフにした付下。

万葉の昔から秋の七草のひとつとされている葛は

親しみ深い植物です。

つるの感じが絶妙に表現されています。

 

こちらは「山帰来」と,山帰来の染九寸名古屋帯。

サンキライは,実は別名で,

正式には「猿捕茨(さるとりいばら)」と言うそう。

枝にとげがあり,猿がひっかかって捕えられるという意味で

つけられたそうです。

葉っぱのそりかえっているところや,

枝のとげの部分など,日本画の世界ですね。

 

着物は,

こうして自然のアイデアを

本物以上に表現しているところが素晴らしいです。

季節を感じることができる日本人で良かったと思う今日この頃。

みなさまも季節のモチーフを探しに青山へお越しください。

お待ちしております。