前回のブログでは

足元のお洒落に

「下駄」をご紹介いたしましたが,

今回は帯留を。

白イ烏では

色々なタイプの帯留が勢揃い。

☆キラキラ光るブリヨンジュエリー

☆色鮮やかな京焼

☆昔の職人の技そのままの象嵌

☆切子細工

などなど。

元々帯留は

江戸時代後期に

芸者さんたちが

男性の根付や目貫を

男性との契りの証として

帯に付けたのが始まり。

その後,明治維新で

廃刀令が公布されたことにより,

刀の装飾品を作っていた

職人さん達の仕事がなくなったので

その職人さん達が

着物のアクセサリーとして

帯留を製作したとか。

江戸時代の職人さん達の

匠の技を駆使したものを

身に付けるなんて

贅沢の極みですね。

ちょっと気分を変えたい時,

季節のモチーフを取り入れたい時,

いつものコーディネートに

プラスするだけで

雰囲気が変わりますよ。