いたるところで目にする

「葡萄唐草」の文様。

大きな建物の彫刻から,

着物や帯の柄まで。

葡萄は,

古代ギリシャ・エジプトでは

神にささげられた果物であり,

もっとも古い栽培植物とされています。

房に実がたくさんつくことから子孫繁栄,

唐草からは無限の広がり,強い生命力…と

どれもおめでたいイメージばかり。

中国を経由し,

文様として日本にもたらされたものは,

正倉院裂のひとつとしても

高い人気を誇っています。

こちらは袋帯。

正倉院葡萄唐草が

お太鼓いっぱいに表現されています。

そして同じ文様のお着物。

柄のアップです。

全く同じ文様ですが,

こちらは型で染めたもの。

遠目に見たら無地のよう。

小紋ですが,実は正倉院柄。

帯合わせで格は自在です。

こんな風に

繊細な名古屋帯とコーディネートして

春のお出かけにいかがでしょうか。