先日,TVや雑誌などで大人気の

きもの研究家 森田空美先生に

ショップのきもので森田先生流コーディネートをお願いすることができました☆☆☆

普段は紬をお召しでいらっしゃることが多い森田先生ですが,

そんな森田先生の手にかかると「京都の染物」は,どんな風になるのかしら??と

スタッフも興味津々で拝見いたしました。

今日から数日に渡って,森田先生流京きものコーディネートをご紹介してまいります✿

まずは,付下と袋帯です。

淡いサーモンピンクに精緻な縫いの入った優しい付下。

白地に華扇が並んだ色味の少ない袋帯。

控えめながらも格を保ちつつ,柔らかな存在感があります。

おめでたい席から,ちょっとしたお食事会まで

着用範囲の広い組み合わせですね♪

明日も続きます!!

お楽しみに❤