素敵な女性のための和文化セミナー第2弾。

今回は、1901年創業の老舗 宮井株式会社 の方をお招きして

風呂敷の包み方講座を開催しました。

 

風呂敷にもいろいろなサイズがあって

もっとも一般的なサイズは、二幅(ふたはば・約68cm)。

となると、一幅(約34cm)の風呂敷もあると思いがちですが

そのサイズはありません。

ただ、一幅の約34cmというのは着物の袖幅とおよそ同じ寸法だとか。

こんなところに着物との接点が!!

着物と風呂敷の相性の良さを感じますね。

 

そして、先生から風呂敷を選ぶ時のアドバイス☝

✿風呂敷は,包んだ時の見え方を意識して作っているものがあるので

そのイメージを思い浮かべて柄を選ぶとワンランク上の風呂敷使いができますよ✿

ちなみに写真の風呂敷は,四方が別の色になっていて

この写真の包み方のほか,かくし包みなどをした時に

きれいに3色が見えるのです。

 

詳しい包み方は,宮井株式会社のホームページで。

みなさまも是非お試しください。   (K)

※この講座は,フリーペーパー「ラーラぱど」主催の和文化講座のひとつです。